2021年7月8月膠原病定期通院 コロナワクチン1回目接種しました!

みなさん、こんにちは!!

大変ご無沙汰しておりました。アラフォーおかあちゃんのひろみです。

ブログをお休みしている間に、夏休みが来て今年の夏休みもどこにも出かけることなく終わってしまいました。

今日は、膠原病の定期健診とコロナワクチン接種についてお話したいと思います。

私は、基礎疾患(自治体に申請する必要がなく、特定疾患受給者証を持っている人は自動的に郵送されてくるシステムでした)があると言う事で6月の下旬くらいには自治体自宅に接種券が届きました。

それから、かかりつけの病院に電話し、コロナワクチンの予約をしました。

7月の上旬に電話をしたのですが、その時点で8月の半ばくらいまで予約でいっぱいと言われました。

もしかしたら探せば他の病院や集団接種会場で予約はできたかもしれませんが、集団接種会場や他の病院での接種は少し不安があったので、かかりつけで予約をすることにしました。

それからしばらくして、8月の半ばに一回目の予約が取れて、先日一回目の接種を終えました。

当日は、先生の問診を受け「熱や頭痛がでた場合はロキソニンを服用してもよいか?」という確認をしました。

接種した当日は、接種した方の腕を動かすと痛みがあるなという程度でロキソニンを服用しなければいけない事態にはなりませんでした。

接種から二日程度で痛みもなくなり、とくに大きな副作用はありませんでした。

一回目の接種を終えて、少しホッとしたのが本音です。

私の自治体は、持病のない同年代の接種も始まっていて、私の周りは持病がなくても一回目の接種を終えた人もちらほらいます。これから、妊婦さんやその配偶者の優先接種も始まる予定みたいです。

私の世代だとかかりつけの病院がない人も多く、かと言って集団接種の予約もなかなか取れないという話も聞いています。

ダメ元で近所の病院に電話したら予約できたとか耳鼻科で予約できたという話も聞いたりもしたので、その時のタイミングもあるのかなと感じています。

膠原病の方は、7月・8月の体調は落ち着いていましたが、薬の減量はありませんでした。

コロナの予防接種が控えていたので、膠原病の悪化があると接種できない可能性もあったので減量はなくてよかったのかなと思います。

来週、コロナワクチン接種の二回目です。周りから二回目の後に熱が出たという話を聞いているので、少しドキドキしている所です。

また、予防接種2回目を終えましたらブログで報告したいと思います。

コメント