持病持ちのハムスターライフ 〜飼育する前に〜

みなさん、こんにちは。

先日、ずっと念願だったハムスターの飼育を始めました。

若い頃から、ハムスターを飼育してみたい願望があったのですが、なかなか勇気が持てず、、、。

この度、たくさん飼育について調べて、お世話する条件も整ったので我が家に迎えました。

ハムスターを飼う許可を管理会社にもらう

許可

我が家は、アパート暮らしなのでハムスターを飼育するには必ず管理会社の許可がいります。

契約書を読むと、「小鳥や小魚等の飼育は可」と書いてあったので、これはハムスターはどうなのかな?と思い、管理会社に電話をしました。

結果は、ハムスター飼育はOKと言う事で許可を頂き、ハムスターを飼育するというスタートラインに立てたのです。

アパートだから飼育は無理かな?とちょっと思っていたのですが、思い切って電話してみてよかったです。

持病があってもハムスターの飼育ができるのか?

持病があっても

持病があると、自分の体調が悪くて動物のお世話ができない日があるんじゃないか?という心配がありました。

今の所、体調も落ち着いていて、一日中寝込むことはほとんどありませんが、私の体調が悪くても、家族がきちんとお世話ができるようにマニュアルを作ろうかなと思っている所です。

幸い、主人は動物が大好きな人なので心配はしていませんが、誰かに頼らなければならない日が来るかもということは頭の片隅に常に置いておかなければならないなと思います。

家族への感謝の気持ちを忘れずに、ハムスターのお世話を一緒にしてみたいと思います。

もしもの時の預け場所は確保できるか?

何らかの事情(例えば、長期入院など)により毎日のお世話ができなくなってしまった場合、預ける事ができる場所を考えてみました。

  • ペットホテルにお願いする。調べたら小動物を預かってくださる動物病院やホテルもありました。
  • 実家にお願いする。実家は、マンションですが小動物の飼育はオッケーな物件なので預ける事が可能。犬の飼育経験有り。
  • 兄夫婦にお願いする。兄夫婦もマンション暮らしですが、ペット可の物件。犬の飼育経験有り。
  • 義理の姉にお願いする。一軒家でハムスターを飼育経験者。

基本的に私が不在の時は、主人にお世話を頼む事になると思いますが、それも難しい状況の場合、慌てないように、ハムスターが行き場をなくさないように、考えておくことも大切ですね。

免疫が低下している人が飼育をする上で気をつける事

ハムスターに限らずですが、動物は人間を噛んでしまう事があります。

以前、ハムスターに噛まれてアナフィラキシーショックを起こし、亡くなった事例もあったようです。

特に、病気で免疫が低下している方は、アナフィラキシーショックを起こしやすいみたいなので、ハムスターを触ったり、ケージを掃除をする時は、マスクや分厚い手袋を使用して対応するのが良さそうです。

私も膠原病の治療で免疫抑制剤やステロイドを服用しているので十分に気をつけてお世話をしなければいけないなと思いました。

ペットを飼う上で心配な方は、主治医の先生に相談する事をおすすめします。

ハムスターを診察してくれる病院を探す

動物病院

調べた所、宮崎市内に数軒ハムスターを診察してくれる動物病院がありました。

幸い、車で10分くらいの場所に病院を見つける事ができたので、もしもの時はそこにお世話になろうかなと思います。

動物病院は、割とたくさんあると思うのですがハムスターを診てくれる病院は少ないみたいなので飼う前に必ず調べておきたいですね。

飼育本を一冊購入する
本

Processed with VSCO with f2 preset

今は、インターネットやSNSなどでもハムスターの情報はたくさんあるのですが、確実に質の高い情報を得るには本が1番だと思っています。

飼育本を一冊買えば、準備するものからハムスターの病気まで幅広く網羅できるので、SNSやインターネットで調べるよりは効率が良かったです。

飼育本も色々出版されていますが、私が購入したのは「いちばんよくわかる!ハムスターの飼い方・暮らし方」という本です。

動物病院の先生が監修されている本なので、私みたいな初心者でも分かりやすく、丁寧に書かれています。おすすめです。

ハムスターのお家を準備する

今回はコロナの影響で経済も上手く回らない状況があったため、地元のペットショップでハムスターのケージ等お世話に必要なものを全て揃えました。

トータルで、約1万円ほどでハムスターを迎える概ねの準備が整いました。

普段は、通販で購入するのでそれに比べると少し高くなりましたが、ペットショップの定員さんとお話ししながら飼育道具を揃えるのも楽しかったです。

定員さんとコミュニケーションを取ると、色々親切に教えてくださったりもするので通販にはないメリットや楽しみもありますね。

🐹ペットショップで揃えたもの🐹

①ケージ(回し車と給水器付き)

ジェックス ハビんぐ グラスハーモニー ホイール付き 小動物用 450プラス

店員さんがサイズ360で大丈夫と言われてそれを買いましたが、やっぱり飼育していく中で、狭く感じたのでサイズ450を買い直しました😢

②床材

ペットショップで使われていた床材と同じ物を購入→ ケアフレッシュ ナチュラル x 4袋セット ブラウン ハムスター・うさぎ・モルモット等の小動物用 14L (ケース販売)

③巣箱

(これもペットショップで使われているものと同じ物を購入しました)→ミニマルランド ハムちゃんのこすぷれハウス

④ハムスターのトイレ

(最初は、トイレとして使ってくれていましたが、今は避暑地兼エサの貯蔵庫となっています。ハウスとしても○)→マルカン ジャンガリアンのブロックトイレ

⑤トイレ砂

三晃商会 サラっとクリーン リス・ハムスター用トイレ砂 600g×3個

⑥フード入れ

→陶器製のものを購入

⑦餌

→お店で普段あげているものを購入

ハムスターを迎える

私は、ケージなどを揃えたペットショップでジャンガリアンのパールホワイト(お値段は、1,200円ほど)をお迎えしました。

ここのペットショップは、犬や猫、熱帯魚などたくさんの動物を販売していますが、掃除なども丁寧にされていて清潔感があったのでここで購入することに決めました。

ペットショップでもケージの掃除が行き届いてなかったり、店員さんの対応などをみて、自分が納得したショップでお迎えするのが1番だなと思います。

まとめ

ここまで、長い文章を読んでいただきありがとうございます。

今回、コロナウィルスが流行し、持病をお持ちの方は特に心配や不安が付きまとっていると思います。

私も、もしかしたらコロナに感染するかもしれない不安や心配をたくさん抱えている中で、ハムスターを飼うという決断をしました。

コロナが流行したことにより、死が自分にもやってくるかもしれないと言う大袈裟な気持ちにもなり、自分のやってみたい気持ちをもう少し大切にしてもいいのではないか?と強く思うようになりました。

独身の頃からずっと飼育してみたかったこの気持ちを今だからこそ大切にして、家族の同意を得て今回飼育に至ります。

生き物を飼うと言うことに限らず、持病を持っている事で諦めなければならない事を少しづつ減らして、自分にとって心地良い生活を目指したいものですね。

 

 

コメント