膠原病定期通院記録2021年4月16日 コロナワクチン接種について先生に聞いてみた

膠原病

みなさん、こんばんは!

アラフォーおかあちゃんのひろみです。

まだまだ緊急事態宣言も出たりと全国的にコロナも落ち着きそうにはありませんね。

そんな宮崎県も明日から独自の緊急事態宣言(5月9日)に入るようで、しばらくは自粛を強化しないといけなくなりそうです。

今日は、遅くなりましたが、4月の膠原病通院記録と先生にコロナワクチン接種について気になる事を聞いてみたのでその事についてお話したいと思います。

通院記録4

↑書き間違いがありお見苦しくてすみません”(-“”-)”

4月は、血液検査のない月でしたので、先生の診察のみでした。

先月、ステロイドの量を増やしてから、関節痛や筋肉痛も減って、ほとんど日常生活には支障がないくらい体調も回復していたので、ステロイドを1mg減量する事に。

ステロイド 10mg→9mg減量 

そして、今一番気になるコロナワクチン接種について。

宮崎県でも、医療従事者から接種を開始し、今は、65歳以上の高齢者に少しずつ順番が回ってきている所です。

予防接種については、やはり予約が殺到するなどの混乱はあるものの、少しづつ予防接種の動きが見え始めました。

私の母や高齢の親戚(宮崎市在住や国富町在住)も無事に接種予約は済んでいて、だいたい5月中には接種できるようです。

65歳以上の高齢者の次が「基礎疾患を有する方」なので、早ければ8月くらいまでには接種できるのかな?と思っているところです(あくまでも個人の見解です)。

そして、今回診察の際に、ずばり「予防接種を受けた方がいいでしょうか?」と先生にお尋ねしました。

先生の回答は、「接種した方がいい」でした。

今現在の私の薬の量(ステロイド9mg+プログラフ免疫抑制剤1.5mg)だったら、接種しても問題ないとの説明を受け、副作用に関してもさほど心配するような事はないとおっしゃっていました。

この質問を先生にするまでは、接種しようか迷いもあったのですが、今回先生のお話を聞いて、接種しようと決心がつきました。

予防接種について不安がある基礎疾患をお持ちの方は、やはり主治医の先生に話をお聞きするのが一番だと思います。

コロナのワクチン接種については、個人の自由なので強制できないのも事実ですが、しっかりと自分が納得した上で接種するかしないかを決めなければいけないなと感じました。

関連記事↓

膠原病定期通院の記録とコロナのワクチン接種について 2021年3月12日

膠原病患者のコロナワクチン接種について~色々調べてみました~

*この記事は、コロナワクチン接種をすすめるものではありません。あくまでも個人の意見です。

コメント