子供の花粉症・鼻炎対策~実践中~

すぎ花粉 子育て

みなさん、こんばんは!

アラフォーおかあちゃんのひろみです。

3月に入り、花粉の時期も今が正念場ですね。

毎年悩まれている方も多いかと思いますが、花粉症、、、辛いですよね。

我が家も例外にもれず、家族3人とも花粉症です。

大人ならともかく、うちの子供は6歳なのにもう立派な花粉症(検査はしていませんが、必ず調子が悪くなる時期がだいたいこの2月から4月)なんて可哀そすぎて毎年悩んでます。

うちの子は、定期的に耳鼻科に通ってアレルギーの薬をもらっていますが、やはりそれだけでは花粉の時期はなかなか防ぎきれません。

そこで今日は鼻炎歴30年以上(うち2回鼻炎の手術歴あり)の私が教える子供の花粉症・鼻炎対策をお教えしたいと思います。

まずは、子供を耳鼻科に連れて行く

私も子供のころから鼻が悪く、アレルギー性鼻炎を何度も繰り返していました。

ただ、私も病院に行くのが嫌いでしたし、親も共働きで鼻水や鼻づまりだけでは、病院に足が向かなかったと記憶しています。

しかし、経験上思うのですが鼻炎はほったらかしにしておいても完治するものではありません。そればかりか、ほおっておくと段々とひどくなる傾向が強いです。

私も子供のころ、しっかりと治療をしなかったおかげで今でも時期によっては調子が悪いですし、2回も手術をしなければいけないはめになりました。

ですので、自分の子供はしっかりと耳鼻科に連れて行って、必要なお薬をもらっています。

幸い、子供もお薬を飲むのは苦手ではないので助かっていますが、先生にきちんと診てもらい、適切なお薬を処方してもらう事がまず悪化させないポイントです。

子供が通っている耳鼻科の先生は、小さい子供にはアレルギー検査をしない主義なのでまだアレルギー検査はしていません。もう少し大きくなったら検査をお願いしたいなと思っています。

ずっとお世話になっているメルシーポット

うちの子は、6歳ですがまだうまく鼻をかめません。

なので、今でも小さい頃から使っているメルシーポットを使用しています。

私の中で、メルシーポットは、本当に買ってよかった商品です。

今は、子供も鼻水を吸引するとスッキリするという事を分かっているので、とくに嫌がったりはしません。

ただ、小さいお子さんは、嫌がったり、機械音(わりと大きい音がすると感じます)を怖がったりするかもしれないので、親が吸引する真似をするなどして痛くないよという事を教えてあげるといいですね。

私の子供は、鼻を何度も強くすする癖があり、何度も中耳炎を繰り返していました。一度は、とてもひどくて切開する羽目に、、、。本当に可哀想でした。

メルシーポットを使用し始めてからは、鼻をすする回数も耳鼻科に行く回数も減り、その結果、中耳炎になる回数も減ってきました。

耳鼻科に行くほどではないけど、少し鼻水がでるなとか鼻をすする回数が増えてきたらその都度使ったりしています。

花粉の時期は、メルシーポットと耳鼻科通院をうまく使い分けてなんとか乗り切っています。

気になるのが機械のお手入れですが、水洗いできますし、乾かすだけなので、特に煩わしさを感じた事はありません。思っていたよりコンパクトで場所も取りませんよ。

メルシーポットのホース部分だけは、古くなってきたのでアマゾンで注文して買い替えましたが、本体はまだまだ現役で活躍しています。

*メルシーポットは、鼻の症状を治すものではありません。きちんと耳鼻科に行って診てもらってくださいね。

今年購入した家族で使えるスチーム吸入器

先ほども書きましたが、我が家は3人ともアレルギー性鼻炎があるので、今の花粉時期はとても苦しいです。

今年は、コロナで気軽に耳鼻科に行けない状況もありまして、家族で使える吸入器を購入しました。

パナソニックから発売されているものですが、これが期待以上に良かったです。

私は、シェーグレン症候群も患っているので、特にマスク生活を始めてからは乾燥を強く感じ、喉の奥に痛みを感じたりを頻繁に繰り返していました。

こちらの吸入器を使用し始めてからは、喉の乾燥も少しやわらいだような気もします。

私の場合は、喉が痛い時や乾燥しているなと感じる時に使ったり、子供の場合は、鼻づまりがあったり、鼻がムズムズすると言ったような時によく使用しています。

子供の鼻づまりや鼻水がひどい時は、外出先から帰ってきたら手洗い・うがいとスチーム吸入器を取り入れて対策しています。

スチーム吸入器

↑こちらの商品は、のどイガイガモードや鼻詰まり感を緩和するモードなど症状に応じて設定できるので便利です。

こちらのスチームは、温かいものがでてきますので、お子さんに使用する場合は火傷に十分に気を付けてください。

うちの子供は、ちょっと熱いと言うので少し顔と機械を離して使用しています。夏は、ちょっと暑くて辛いかも?

こちらのお手入れは、外さないといけないパーツは多いですが、基本的に水洗いして、乾燥させるだけなのでそんなに大変ではないと使ってみて思います。

↑場所も取らずにコンパクトに収納できます。

その他の花粉症対策

この時期、我が家は、外に洗濯物も干せませんし、お布団も外に干せません。

そんな時に活躍しているのが、アイリスオーヤマの布団乾燥機。

数年前に購入して今年も大活躍しています。

こちらは、ダニモードもあるし、寒い日はお布団もホカホカ温かくて、子供の寝つきも良いです。

もちろん夏モードもありますよ。梅雨の時期もこれを使えばお布団もジメジメしませんし、こちらも買ってよかったと思う商品です。

外にお布団が干せないので、こちらで乾燥させてレイコップを使ったりして花粉の時期を過ごしています。

↑こちらはNEWモデルです。

子供が生まれた時、高い買い物でしたが思いきって購入した「ダイキンの空気清浄機」。こちらも一年中、活躍してくれています。

我が家で使っているものは、古いですが、除湿や加湿、空気清浄機がついているので、外に洗濯物を干せない花粉の時期や梅雨時期にはとても助かっています。

一般的な空気清浄機は、加湿機能がついているものは多いですが、除湿機能までついているものがなかなかなくて、そんな中見つけたのがダイキンの商品でした。

お値段は、高かったけど、買い替え時期がきたら、また同じ商品を購入したいと思っています。

花粉対策番外編

わが子は、髪の毛が長いので、この時期は髪が皮膚にあまりつかないようにしっかり結ってあげたり、毎日きれいに洗髪したり、花粉の飛散量が多い時は、可愛そうですが外であまり遊ばないようにしています。

あとは、お洋服もウインドブレーカーみたいな花粉がつきにくいものを着せたりなど小さな対策が意外と効果がある事に気がつきました。

子供が、皮膚や目も痒いと言う時もあるので、目薬や塗薬(病院で処方されたもの)も使用しています。

*痒みや鼻炎症状がある場合は、小児科にご相談されるのもいいかと思います。我が家は、耳鼻科で目薬も処方していただいています。

おわりに

今日ご紹介した対策は、あくまで我が家の場合で、使用してる商品は花粉症の症状を治すものではありません。

しかし、何とか子供の症状を緩和してあげたいという思いでの対策なのでどなたかの参考になれば嬉しいです。

4月の終わりくらいまでは、花粉との戦いは続きますが、花粉症のみなさん一緒に頑張りましょう!

コメント