2021年は開運手帳に決めました!!

暮らし

みなさん、こんばんは!

先日、TSUTAYAに行ったら2021年の手帳が並んでいて、もう今年も残り少なくなってきたなと感じました。

私は、若いの頃から手帳と言われるものが大好きで、学生の頃は、好きな映画関係の記事を切り抜いて手帳に貼ったり、読んだ本の感想を書いたりして、可愛くシールでデコレーションしたりしてました。

病気になってからは、体調管理するための記録に使ったり、子供が生まれてからは、子供の成長日記になったりと年齢が進むにつれて手帳の使い方も変わっていきました。

来年の手帳は、運気UP大作戦!!

専業主婦の私は、ほとんどプライベートの予定がなく、あるのは家族の予定がほとんど。

来年も予定が増える予定はないのですが、フジテレビの突然占ってもいいですか?という番組を見て、40代になるし2021年は、運気を気にして生活してみたら人生がもっと生きやすくなるかなと思って来年の手帳を選びました。

そこで、2021年は、ゲッターズ飯田さんの五星三心占い開運ダイアリー、こちらを購入しました↓

↑誕生日によってタイプが分かれてます。私は金の羅針盤。


↑うちの近所にはセブンイレブンが多いので、送料無料の店舗受け取りをよく利用しています。ほんと便利です。

手帳を使うメリット

・頭の中を整理整頓できる。

私は、口で思っている事を伝えるのが苦手で、よくノートなどに日記みたいな感じで思っている事などを書いて整理していました。

そうすると頭の中で混乱していたこともスッキリするので、悩みとかモヤモヤを吐き出す場所としても最適でした。

頭の中の整理整頓は苦手なので、この書くという方法はとても私に合っていると思っています。

・書くことでスケジュールを覚える。

若いころは、スケジュールは頭に入っているのが当たり前だったのが、年々忘れることが増えました(歳のせいかな?)。

結婚して子育てが始まると、私の脳みそは許容範囲を超える事もしばしばで(例えば子供の怒涛の予防接種スケジュールとかもうまじ勘弁状態)、アプリに予定を登録していても抜け落ちている事もありますし。

その点手帳は、書くことで頭の中が整理できるので、覚えやすいと感じます。

・後で見返す事ができる。

アプリに入れているスケジュールは見返さないのに、手帳に書いている事はたまに見返す事があります。

手帳に書いてある事を見て、先月はこんな事あったなぁとかスケジュールを見てまたここのお店に行きたいなとか、ここの公園静かで過ごしやすかったなぁとか思い出す瞬間が好きです。

手帳は、ただ予定を管理するだけでなく、思い出も一緒にそこに置いておけるのが気に入っています。

・手帳をカスタマイズできる。

最近は、一日一ページのほぼ日手帳とか手帳を自分でカスタマイズしている方も多いですよね。

SNSでも、手帳の写真をアップしている方も多くて、私も好きでよく見てます(笑)。

私は、バインダー式のマークスのシステム手帳を去年購入して、自分の好きなものでノートをカスタマイズしています。

私のマークス手帳はこれです。ダイソーで買ったチャームをつけて年甲斐もなく可愛くしております^ ^

↑気になっている本のリスト。

↑趣味のぬい撮りを写真にして、お出かけした記録。

このように、ヲタ活手帳にしたり、イラスト帳にしたりと使い方は無限です。

自分の好きなもので手帳をうめると、めくったときに幸せを感じるので好きなものがある方にはほんとにおすすめです。

 

ゲッターズ飯田さんの占い

占いといえば名前を知らない人はいないと言えるほど有名なゲッターズ飯田さん。

占いというと、なんか胡散臭いとか当たらないとかネガティブな考えが先行しがちなんですが、私は、助言とか前向きなアドバイスなどたくさん生きるヒントをもらえると思っています。

と言っても、私は直接占ってもらったことは2回だけで、2回とも友人の付き添いとして行きました。

もうそれも、15年以上も前の事。

その頃は、特に大きな悩み事とかもなかったため、商売をしている兄弟の事を聞いたり、将来の事を漠然と聞いた記憶が、、、。

病気になってからは、一切占いとかそう言った類のものには興味はいかずで、今に至ります。

ゲッターズさんの占いは、誕生日で自分のタイプをまず占います。

ゲッターズ飯田さんの占いは、このサイトで無料で占えます。

会員登録は不要→ ゲッターズ飯田公式サイト

私のタイプは、金の羅針盤という結果でした。

↑金の羅針盤手帳とセットで占い本も(購入される方は、必ず自分のタイプと同じものをご購入ください。)

金の羅針盤の基本的な性格なども書かれているのですが、笑ってしまうほど当たってました。

ダイアリーは、表紙をとるとこのようなシンプルで防水加工してあるものになっていたので、汚れてもさっと拭けるような感じで、持ち歩くのも恥ずかしくない作りになっています。

手帳の紙質も割と厚くてボールペンの滑りも良さそうです。紙の色は、白ではなくクリーム色でした。

マンスリーとウィークリーもついているのでメモをするにも十分な感じです。

中身は、1年、毎月、日ごとの運気の流れに対するアドバイスなども書いてあり、仕事運、金運、結婚運なども分かります。

お仕事されている方や独身の方にもおすすめだと思います。

私は、学生の頃から人の言葉にとても影響される事が多くて、特に前向きな言葉には助けられてきました。

この手帳にもアドバイスや前向きな言葉が載っているので、こちらも参考にしながら2021年は過ごしていこうかなと思っています。

私の占いに対する考え方

みなさんの占いに対する考え方は、ポジティブなものですか?それともネガティブなものですか?

私は、どちらかと言うとポジティブな受け止め方をしていて、占いを生活の基盤としてはいないけれど、前向きなアドバイスがあればそれは受け入れるようにしています。

占いは、人生に迷った時にそこを切り抜ける道具の一つとしての考え方もあるかなと感じています。

どっぷり占いにハマったり、お金をたくさん占いに使ったりするのはちょっと違う方向にいっているなと思いますが、自分の中で扱える程度だったら私は良いと思っています。

2021年は、金の羅針盤の私は「新しい世界が見える年。」だそうです。

これを知っているだけでも、2021年に何かチャレンジしたりする意欲が沸いてくるような気がします(単純ですね)。

 

 

 

 

 

 

コメント